読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本酒クエスト-「六花界」公式ブログ

モリタハヤトが作る肉と日本酒のパイオニア、東京初の立ち食い焼肉「六花界」。日本一番予約が取れない焼肉屋「初花一家」、日本酒肉割烹「吟花」、会員制熟成肉バル「五色桜」、そしてオープン前に1年分の予約が全席満席となったクローズドエデュケーション「CROSSOM MORITA」の情報を。

【祝】森田隼人聖誕祭!

7月15日

おはようございます、イシハラです。

都内某所・・・

 

 

 

f:id:crome99:20140722223036j:plain

誕生日でもモリタさんは朝から運動をします。

イシハラ「あ、すみません、ちょっと電話が・・・」

 

○○○○「・・・イシハラ、そっちの様子は?」

イシハラ「はい、朝の日課が完了しました。計画をフェイズ2に移行します。」

○○○○「了解。きっちりフル装備で駅まで移動するんや。」

イシハラ「了解しました。」

 

モリタ「誰から~?」

イシハラ「あ、業者っす」

 

実は水面下で、壮大な計画が進められていた・・・。

 

 

 

○○○○「各自、装備に抜かりは無いか!」

イシハラ「スカウター、準備OKです。」

てつや   「バラも仕込みばっちりです。」

 

 

 

f:id:crome99:20140715132016j:plain

ガッキー「よしっ!『ドキッ!サプライズ社長誕生祭!』を実行に移す!」

(○○○○=ガッキー)

イシハラ「ガッキーさん・・・。飛ばしすぎじゃないっすか?」

テツヤ   「しかも駅前っすよ?」

ガッキー「ええんや!サプライズはこれくらいせんとアカン!」

 

 

 

 

f:id:crome99:20140715132840j:plain

ヒデちゃん「モリタさん来てるよ。」

ガッキー「サンキューヒデちゃん。ターゲット補足!各自準備!」

テツヤ    「マジすかっ!?駅前っすよ!?」

イシハラ「テツヤさん・・・。諦めは早い方がいいっすよ・・・。」

サカモト「よっしゃー!いっちょ行きますか~♪」

 

 

 

f:id:crome99:20140722223146j:plain

モリタ「なに?なんかおる!変なのがおる!」

 

 

 

f:id:crome99:20140715132908j:plain

ガッキー「社長!おめでとうございます!シャンパンっす!」

モリタ「えっ?なに?」

サカモト「今日の主役はこれつけてな~♪」

モリタ「だからコレなに?」

テツヤ「社長!似合ってますよ!」

モリタ「うっさいわ!まつや※!」

※テツヤさんは以前某牛丼チェーンで働いていたので「まつや」と呼ばれています。

テツヤ「すんません。」

 

 

 

f:id:crome99:20140722223223j:plain

ガッキー「ささ、グイっといっちゃってください♪」

モリタ「え?あ?じゃ・・・じゃあいかせてもらいます。」

 

 

 

f:id:crome99:20140715132920j:plain

モリタ「(ゴクッ!、ゴクッ!) ぷは~!うまいな~♪」

ガッキー「社長!いい飲みっぷりっすね!」

モリタ「俺だけ飲むのもあれだから、みんなでのもーや。」

全員「ありがとうございま~す。」

 

 

 

f:id:crome99:20140715133006j:plain

スタッフ「かんぱ~い!社長、誕生日おめでと~!」

モリタ「ありがと~♪でもここ駅やで!?」

ガッキー「時間もアレなんで、ぼちぼち移動しますか。」

モリタ「いや、だから、ここ、駅!」

 

 

 

f:id:crome99:20140715133034j:plain

テツヤ「社長!」

モリタ「なんや?まつや※」

※テツヤさんは(以下略)

テツヤ「社長にこのお花を渡したくて。」

モリタ「おお~!きれいなバラやな。」

テツヤ「バラに見立てたパンティでございます。」

モリタ「は?」

テツヤ「中にパンティが仕込まれていまして、何なら履き替えて・・・」

モリタ「・・・」

 

 

 

f:id:crome99:20140715133617j:plain

ガッキー「まずは東京駅に向かってエリちゃんと合流します。」

モリタ「りょうか~い♪」

 

 

 

f:id:crome99:20140715135156j:plain

サカモト「エリさん呼んできました!」

エリ「おつかれさまで~す♪」

モリタ「エリおつかれ~・・・って!サカモト!なにかぶってんねん!」

サカモト「いや、せっかくなんでバラに見立てたパンティを・・・」

モリタ「・・・こっからどこ行くの?」

エリ「それは秘密です♪ではでは~♪」

 

 

 

f:id:crome99:20140715135659j:plain

モリタ「は?って!なんで目隠しされてんねん!」

ガッキー「だって秘密やし♪」

イシハラ「耳もふさいじゃいますよ~♪」

モリタ「え?うわっ!なんたらソウルが爆音で聞こえる!」

 

 

 

f:id:crome99:20140722223504j:plain

ガッキー「ここからはタクシー移動になります。」

モリタ「ここどこ?すわってんの?隣誰?」

ガッキー「だからタクシー移動・・・、あっ、聞こえてなかった。」

イシハラ「誘導が大変っすね。」

 

 

 

f:id:crome99:20140715140955j:plain

テツヤ「社長こっちです。」

モリタ「降りたの?どこ歩いてんの?コレ誰?」

テツヤ「テツヤっす。」

イシハラ「テツヤさん、聞こえてないっす。」

テツヤ「あっ、そっか!」

 

 

 

f:id:crome99:20140715141145j:plain

イシハラ「社長、着きました。」

モリタ「おお!イシハラの声が聞こえる!」

イシハラ「では!目隠しを外してください!」

 

 

 

f:id:crome99:20140715151443j:plain

モリタ「おお!すげー!けど、ここどこー!」

ガッキー「リバーサイドビューが楽しめるバーでございます。」

モリタ「バー?」

ガッキー「料理とお酒はすでに準備しておきました。」

 

 

 

f:id:crome99:20140722223617j:plain

ガッキー「では!まず乾杯から!」

スタッフ「かんぱ~い!」

モリタ「まだよく分からんけど、ありがとう!」

 

 

 

f:id:crome99:20140715143114j:plain

ガッキー「ここのお店はカレーとパスタがおいしいんやで。」

モリタ「ホンマ?いただきま~す!うん!おいし~♪」

 

 

 

f:id:crome99:20140715143037j:plain

モリタ「今日はホンマありがとうな。誕生日にこんないい場所でランチなんて

               ええ思い出になったわ。明日からまたがんばれる!」

ガッキー「社長、そろそろ時間なので移動をお願いします。」

モリタ「えっ!?移動!?」

 

 

 

f:id:crome99:20140722223716j:plain

モリタ「またコレかーい!」

ガッキー「またこれやでー!聞こえておらへんと思うけど。」

 

 

 

f:id:crome99:20140715154211j:plain

イシハラ「おお!社長、雷門ですよ。」

ガッキー「聞こえておらへんで。」

モリタ「なんか排気ガスの臭い・・・、分かった!トンネル入った?」

イシハラ「いや、窓開けただけなんすけど・・・。」

 

 

 

f:id:crome99:20140722223757j:plain

ガッキー「社長!目隠し取ってください!テレビに出てますよ!」

モリタ「え?なに?テレビ?うわ!俺めっちゃ出てる!」

ガッキー「ええ誕生日プレゼントやね。」

モリタ「ホンマにな♪・・・って、ここどこ!?」

 

 

 

f:id:crome99:20140722223823j:plain

ガッキー「浅草花やしきでございます。」

モリタ「え!?浅草?花やしき?」

ガッキー「普段テーマパークなんか行かへんやろ?」

モリタ「そやな。」

ガッキー「たまには童心に返ってはしゃごうや!」

 

 

 

f:id:crome99:20140722223845j:plain

モリタ「うお~!た~のし~!」

 

 

 

f:id:crome99:20140722223903j:plain

モリタ「暑っ!狭っ!高っ!」

 

 

 

モリタ「お!あの橋、日付着いてるから記念写真撮ろうぜ!」

花やしきスタッフ「私撮りましょうか?」

モリタ「ありがとうございます!」

 

 

 

f:id:crome99:20140722223926j:plain

花やしきスタッフ「いきますよ~。ハイチーズ!」

全員「ありがとうございました!」

 

 

モリタ「いや~、あそんだね~♪」

ガッキー「せっかく浅草に来たんで、すじ煮込みとホッピーでもいきますか?」

モリタ「プラン完璧!流石やな!」

 

 

 

f:id:crome99:20140722223949j:plain

全員「かんぱーい!」

モリタ「うまいな~♪」

ガッキー「せやろ?」

モリタ「ところで、ガッキー。後どのくらい続くの?」

ガッキー「そろそろ終盤でございます。」

モリタ「ホンマか!」

ガッキー「ではそろそろ次の場所へ移動します。その前に白スーツへお着替えを。」

モリタ「マジで!?」

 

 

 

f:id:crome99:20140722224005j:plain

ガッキー「続いては龍圜でございます!」

モリタ「おお!すごい!」

ガッキー「本日はシェフからシャンパンも頂いちゃいました!」

モリタ「ありがとうございます!」

 

 

~食事終了~

 

 

モリタ「今日はホンマにありがとう!そろそろ六花界にいかんとな。」

ガッキー「車は手配してあります。」

 

 

 

f:id:crome99:20140722224121j:plain

モリタ「マジか!アカン!コレアカンやつや!」

ガッキー「時間もありますので行きましょう。」

 

 

 

f:id:crome99:20140722224140j:plain

モリタ「うおー!テンション上がる!」

ガッキー「六花界でみんなが待ってるで~♪」

 

 

 

f:id:crome99:20140722224213j:plain

全員「おめでとうございます!モリタさん!」

モリタ「本当にありがとう!1日中こんなにもよくしてもらって、

              これから一年がんばれるわ!」

 

 

 

こうして六花界の夜は更けていった・・・。

 

 

 

 

 

5周年記念イベントの後、

森田社長の誕生日にスタッフ全員でサプライズイベントをやりました!

ガッキーさん等、先輩方が中心となってプランニングを立ててくださり、

無事、森田社長も大喜びで終えることができました。

 

今回のイベントを通じて、六花界グループの企画力、行動力のハンパなさを

実感することができました(笑)

楽しむ時は全員でとことん楽しめるグループというのは他に無いと思います。

そんなグループの仲間に入れたという幸運をかみ締めつつ、

森田社長を含め、グループの皆さんの後に続けるよう努力していきます!